ゴスナビスペシャルインフォメーション

ゴスナビスペシャルインフォメーションでは、とっておきのスペシャルなゴスペル情報をお届けしています。
では早速まいりましょう!記念すべき第一弾は、9月15日より絶賛発売中のKEN MATSUDA 1stCD"Offering"です。

まずは感想から。本場ニューヨーク仕込みのパワフルでファンキーな歌唱力は国内でもなかなかいないのではと思うくらいすばらしかったです。すばらしかったのは、歌唱力だけではありません。歌詞もすばらしい!一言で言ってカッコイイ!カッコイイだけじゃなく歌詞に込められたGOSPELなメッセージが確実に聴く人の心に届くことは間違いないと思います。けっこうストーレートな日本語だけど違和感がないんです。「日本語をココまで操れるのはおKENさん見事!」

音楽的には、一音一音がクリアーなギターサウンドも気に入っています。
曲については全部オススメですが特に、私が気に入っているのは、1曲目の「Offering」です。これはドラマティックな曲です。そして歌詞では彼の証が歌われていてまさに感動の一曲です。
そして3曲目の「Mystery」はクリスマスの季節にピッタリの曲だと思います!

ぜひこの機会に「Offering」をお買い求めになって感動を味わってください。クリスマスプレゼントにも最適です。

お買い求め・お問い合せは、KEN MATSUDA Official Websiteまで。

■KEN MATSUDA(松田献)プロフィール

 1979年3月、宮城県に牧師の三男(四人兄弟)として生まれる。幼少の頃より音楽に取り囲まれて育ち、母の声楽、兄のバンド活動、教会における様々な音楽から多大な影響を受ける。思春期には心が荒んで教会を離れ、いくつかの不良組織に所属し、札幌の繁華街すすきのなどに繰り出しては喧嘩、暴走行為等に明け暮れる日々を過ごす。しかし、他のグループとのトラブルから命を狙われるような経験もし、そのような中で、イエス・キリストと個人的な出会いをする。

 その後、就職のため大阪に移住し、ゴスペルに興味を持ち始める。19歳の頃には、男性5人組のアカペラグループ「Five Soul Brothers」(以後、F.S.B)のメンバーとなり、活動を始める。F.S.Bとしては、2000年に行われた「第1回GOSPEL CHOIR CONTEST ウエスト大会」で入賞、同年「第1回 GOSPEL CHOIR CONTESTグラプリ大会」で奨励賞を受賞。

その後、多数のアーティストとのコラボレーションやゴスペルユニットへの参加、ソロでの活動も始め、教会、コンサート会場、ライブハウス、学校などなどで、幅広く活動する。この頃、日本のGospel HipHopアーティストであるYoshi Blessedと出会い、音楽のみに留まらずゴスペルのハートを共有できる盟友となり、今に至る数々のコラボレーション活動をスタートさせる。

 2007年、ゴスペル武者修行のため単身渡米し、ブラックゴスペルの本場ニューヨーク、ハーレムで学ぶ。THE PLATTERSやStuffの元ボーカリスとして知られるBeverly Crosby に直接師事し、短期間ではあったが多大な影響を受ける。そして、ブラック・ミュージックの殿堂、アポロシアターでのオーディションに果敢に挑戦し、本場のアーティストの中で堂々とゴスペルを熱唱する。2008年には、Yoshi Blessedの2ndアルバム『Second Season』(グラミー賞受賞アーティストである“SPEECH”らも参加して話題に・・・)に参加。並み居る著名アーティストたちに引けを取らない存在感を放ち話題を呼ぶ。

 現在は宮城県に移り住み、前述の長兄が牧師を務めるオアシスチャペル(日本バプテスト同盟・利府キリスト教会)のメンバー。昨年11月には最愛の妻、直子と結婚。クリスチャンの若者で構成するゴスペルユニット「NuCreation」のリードボーカルとして、また、ソロの形態でも、ゴスペル音楽の中にある希望のメッセージを届けるために活動中。

※ゴスナビスペシャルインフォメーションへ掲載を希望される方はお気軽にGOSNAVへお問い合せください。I